ソファに使用されている牛革の種類と特徴

ソファに使用されている牛革の種類と特徴

東京にあるArtigianoでは、これまで数多くのソファ修理を行ってきました。ソファといえば、高級なソファは本革のものが多く、主に牛革が使われています。牛革だけでもいくつか種類があることをご存知でしたか?どのような種類があるのか、簡単にご紹介していきます。

牛革だけでも種類は色々

牛革だけでも種類は色々

同じ牛革でも、年齢や性別、状態によって下記の種類に分けられます。

  • カーフスキン:生後6か月以内の子牛
  • キップスキン:生後6か月~2年以内の牛
  • カルビンスキン:生後2年以上のお産経験なしの雌牛
  • カウハイド:生後2年以上の雌牛
  • ステアハイド:子牛の時期に去勢を行って成長した雄牛
  • ブルハイド:虚勢を行わずに成長した雄牛

この中で最上級の牛革は、カーフスキンです。年齢が若い牛の革なので、キメが細かく柔らかいのが大きな特徴です。カーフスキンの次に上質なキップスキンは、カーフスキンよりも厚みがあって耐久性が高い牛革です。最も多く流通しているのはステアハイドで、一般的に牛革といえばステアハイドを指します。

Artigianoで使用している本革の種類は、牛革のみです。牛革はビニールレザーとは違い、呼吸をしている素材です。そのため、長く使うことで自然なシワができ、味が出てきます。

革の「なめし」の種類

革の「なめし」の種類

革には、素材として使用するために防腐処理や革を柔らかくキープするための処理が施されています。その処理を「なめし」といい、いくつか種類があります。

クロムなめし

塩基性硫酸クロムという薬品を使って行うなめし方法です。比較的新しい方法ですが、現在流通している本革の多くはクロムなめしが施されています。クロムなめしの特徴は、傷や水に強く、加工しやすい革に仕上がる点です。

タンニンなめし

いくつかあるなめし方法の中で最も伝統的なのが、タンニンなめしです。植物から採れるタンニンを使用するため、人と環境に優しいなめし方法といえます。タンニンは皮の繊維を収縮させる働きがあるため、丈夫で固い仕上がりになります。

混合なめし

植物タンニンでなめしを行った後に、クロムなめしを行う方法です。タンニンなめしとクロムなめしの欠点をカバーし合うように行うのが、混合なめしの特徴です。

革の「仕上げ」の種類

なめしを行った後の革を「ヌメ革」と呼び、そのまま加工して使用することもありますが、ソファなどに使用する革は、仕上げとして着色を行います。

染料仕上げ

革に染料を染み込ませて色を付ける方法です。革が柔らかく仕上がり、手触りが良いという特徴があります。革本来の質感が残り、経年変化を楽しみたいアイテムに適しています。

顔料仕上げ

顔料仕上げの場合は、表面をコーティングするように色を付けます。そうすることにより、均一に色を付けることができ、鮮やかな色に染めることができるのです。また、水や汚れに強い革に仕上げることができます。

東京でソファ修理を行うArtigianoは破れた生地張替えやクッションの入れ替えにも対応します

破れてしまったソファやカビが生えてしまった本革のソファの修理を依頼するなら、東京を中心にソファ修理を受け付けているArtigianoへご連絡ください。経験豊富な職人が張替えやクッションの入れ替えなどを行い、新品同様に仕上げます。

「大切なソファの革が破れてしまった」「ソファの傷や汚れが気になるけど買い換えたくはない」そういったお悩みをお持ちの方は、ぜひご相談ください。見積りの依頼もお待ちしております。東京都内に限り、無料で出張見積りいたします。

椅子の豆知識

革素材の豆知識

生地の豆知識

東京でソファ修理の依頼をするならArtigiano

店舗名 Artigiano
住所

〒112-0001 東京都文京区白山3丁目3−3

電話番号 03-5840-9222
営業時間 お問い合わせください
定休日 お問い合わせください
最寄駅 茗荷谷駅
URL https://artigiano.jp/