ペットを飼っている家のソファはどのような生地を選べばいいのでしょうか?

ペットを飼っている家のソファはどのような生地を選べばいいのでしょうか?

室内でペットを飼っている方の多くは、引っ掻き傷や噛み傷でソファがボロボロになってしまうという悩みを抱えていると思います。ペットによるソファの被害を最小限に抑えるためには、生地選びが重要です。長年、東京でソファ張替えを行ってきたArtigianoが、ペットを室内で飼っているお宅におすすめの生地をご紹介したいと思います。

ペットがいる家におすすめのソファ生地

ペットがいる家におすすめのソファ生地

スエード調人工皮革

スエード調の人工皮革は、ペットが爪で引っ掻いても傷が付かない丈夫な生地です。多少目を引くこともありますが、他の素材と比べると破れにくく目立ちにくいのが大きな特徴です。

スエード調人工皮革は変色や色あせ、色落ちもほぼなく、虫食いやカビなどの心配もありません。また、ペットの抜け毛が入り込みにくい生地なので、お掃除も簡単にすることができます。

合成皮革

合成皮革は、引っかかりが少なく強度が高い素材です。ペットの噛み付きや爪とぎの際に、爪や歯が縫い目に入りにくい傾向があります。そのため、ペットが噛み付いても爪とぎをしても傷が付きにくいです。また、撥水性に富んでいるので、よだれや排せつ物の染みこみも防ぐことができます。万が一付着しても、水拭きでサッと拭くことで綺麗にすることができます。

ペットがいる家では工夫が必要なソファ生地

ペットがいる家では工夫が必要なソファ生地

布製の生地は、ペットのよだれや排泄物が付いてしまうと染み込んでしまうおそれがあります。また、布の隙間に爪が引っかかり、ほつれてしまうこともあります。布のソファを使用する場合は、ぜひカバーをかけてください。カバーがあれば、汚れが直接ソファに付く心配がなく、爪が引っかかる心配もありません。

本革

本革は丈夫なので、ペットが爪で引っ掻いてもそう簡単には破れません。また、ペットの毛が落ちても簡単に掃除することができます。しかし、犬は巣を作るために穴を掘る習性があり、猫はリラックスするために爪とぎをする習性があります。そのため、ソファをガリガリ引っ掻いて傷を付けてしまうおそれがあるのです。本革のソファを使用する際は、きちんとしつけをしてソファを傷付けないようにする必要があります。

ペットがソファを傷つけてしまったときはソファ張替えを行う東京のArtigianoへ

「猫が大切なアンティークのソファを引っ掻いてしまった」「犬が遊びでソファの生地を噛み千切ってしまった」そういったトラブルが発生した際は、東京でソファ張替えを行うArtigianoにお任せください。

バリエーション豊富な生地の中からお好きな生地を選んでいただき、ソファ張替えを行います。東京を中心とした関東エリアから依頼を受け付けており、料金の見積りも無料で対応しております。安心してご依頼ください。

椅子の豆知識

革素材の豆知識

生地の豆知識

東京でソファ張替えを依頼をするならArtigiano

店舗名 Artigiano
住所

〒112-0001 東京都文京区白山3丁目3−3

電話番号 03-5840-9222
営業時間 お問い合わせください
定休日 お問い合わせください
最寄駅 茗荷谷駅
URL https://artigiano.jp/