PUレザーとPVCレザー、違いは何でしょうか?

PUレザーとPVCレザー、違いは何でしょうか?

家具に使用するレザーには、本革の他にPUレザーとPVCレザーがあります。名前は似ていますが、素材や特徴が異なるため、2つの違いを知っておくと、好みに合ったソファを選ぶことができます。

PUレザーとは

PUレザーとは

PUレザーのPUとは、ポリウレタンという樹脂の略称です。布地の表面にポリウレタンを塗布して作ることから、PUレザーという名称が付いています。PUレザーとPVCレザーはどちらも合成皮革と表記されることがありますが、正確にはPUレザーのみを合成皮革と言います。PUレザーには、このようなメリットがあります。

伸縮性に富んでいる

ポリウレタンという素材は伸縮性に富んでおり、ゴムのような性質を発揮します。カーブなどのデザインがある製品作りにも向いているレザーです。

肌触りが良い

肌触りの良さと柔らかさが特徴のPUレザーは、ソファだけでなく合成皮革のレザージャケットにも使われることが多いです。

経年劣化しにくい

湿気に弱い素材ではありますが、本革よりも撥水性が高いため、経年劣化しにくいという特徴があります。本革よりも安くて長持ちするソファをお求めの方におすすめです。

PVCレザーとは

PVCレザーとは

PVCレザーのPVCは、ポリビニルクロライドという樹脂の略称です。PVCレザーは、布地の表面にポリビニルクロライドを塗布して作られています。PVCレザーには、このようなメリットがあります。

お手入れしやすい

お手入れのしやすさが、PVCレザーの大きなメリットです。そのため、これまで数多くのソファに使われてきました。汚れが付きにくいレザーではありますが、万が一汚れてしまった場合は薄めた中性洗剤で洗う、または水拭きすることで綺麗になります。メンテナンス性に優れているので、誰でも簡単にお手入れができます。

加工しやすい素材

加工しやすい素材であり、カラフルな色に染めることができます。さらに、防汚や抗菌などの付加価値を付けることもできます。

カビやダニが発生しにくい

レザーのソファを使用している方を悩ませる原因の一つに、カビやダニの発生が挙げられます。PVCレザーは湿気に強い素材なので、カビやダニの発生が気になりません。そのため、湿度の高い地域にお住まいの方や小さなお子様がいるご家庭におすすめの素材です。

東京でソファ張替えや修理を依頼するなら無料で見積りを行うArtigiano

PUレザーやPVCレザーでも、使用しているうちに傷が付いたりひび割れが発生したりしてしまうものです。ソファの劣化が気になる場合は、東京を中心にソファ張替えや修理の依頼を受け付けているArtigianoへご相談ください。

ソファ張替えの生地は、本革、合成皮革、ファブリック(布製)からお選びいただけます。見積りは無料で行っていますので、東京でソファ張替えの依頼をする際はArtigianoまで気軽にお問い合わせください。

椅子の豆知識

革素材の豆知識

生地の豆知識

東京でソファ張替えを依頼をするならArtigiano

店舗名 Artigiano
住所

〒112-0001 東京都文京区白山3丁目3−3

電話番号 03-5840-9222
営業時間 お問い合わせください
定休日 お問い合わせください
最寄駅 茗荷谷駅
URL https://artigiano.jp/