椅子修理で生地を張替えてお部屋の印象を変えてみませんか?

椅子修理生地張替えてお部屋の印象を変えてみませんか?

椅子やソファは、選ぶカラーによって印象が大きく変わります。椅子修理生地張替えする場合は、今までと違う色に挑戦して、お部屋の印象をガラっと変えてみませんか。色による心理作用やカラーコーディネートのポイントをまとめているので、ぜひ参考にしてください。

色が持つインテリアの心理作用効果

色が持つインテリアの心理作用効果

気分を高めて、活発にする効果を発揮します。リビングや子供部屋に適した色です。

オレンジ

気持ちを明るくさせる色であり、食欲を増進させてくれます。ダイニングやキッチンに適した色です。

明るく元気な印象を与え、食欲増進や知性刺激効果を発揮します。ダイニングや水まわり、勉強部屋に適した色です。

リラックス効果を発揮し、緊張をやわらげる効果を発揮します。寝室に適した色です。

鎮静効果を発揮し、集中力を高める色です。寝室や書斎、勉強部屋に適した色です。

精神を集中させる効果を発揮します。寝室におすすめの色です。

ブラウン

落ち着きを発揮する色で、どんな色にも調和しやすいカラーです。安定感や落ち着きを発揮したいお部屋におすすめです。

重厚なイメージで、クールな印象を演出します。AVルームやバーコーナーにおすすめの色です。

どんな色とも合わせやすい白は、清潔感や優雅さを発揮します。広く見せたいお部屋におすすめです。

おすすめのカラーコーディネート

おすすめのカラーコーディネート

同系色はまとめやすい

ブラウンのソファとベージュのクッションなど、同系色の色は組み合わせやすいです。他の色味が入っていないので、まとまり感があって誰でも取り入れやすい無難な組み合わせです。

類似色で統一感発揮

赤とオレンジのような暖色の類似色であれば、色が合わせやすいです。ポイントは、色相環の隣の隣までの色の組み合わせでコーディネートすることです。暖色同士や寒色同士など、同じカラーグループで組み合わせると、色同士がぶつからず自然にまとめることができます。

反対色で個性重視

全く真逆の考えで、あえて反対色を使う方法もあります。このカラーコーディネートは、個性的でかっこいい印象のお部屋になります。オレンジと紫の組み合わせなど正反対の色でも、組み合わせてみると意外と綺麗にマッチします。しかし、赤と青などの明度や彩度が高い色同士は、刺激が強すぎるのでおすすめできません。

椅子修理と同時に生地の色を変えて部屋の印象を変えてみませんか?~まずは見積りのご依頼を~

椅子修理生地張替えを行うなら、これまでとは違う色の生地張替えてみてはいかがでしょうか?東京で椅子修理を行っているArtigianoでは、バリエーション豊富な生地をご用意しているため、お好きなデザインの生地張替えることが可能です。

生地の選択に迷った際は、こちらからご提案することも可能です。東京都内であれば椅子修理やソファ張替えの見積りを無料で行いますので、東京にお住まいの方はArtigianoへお問い合わせください。見積りの依頼もお待ちしております。

椅子の豆知識

革素材の豆知識

生地の豆知識

東京で椅子修理の依頼をするならArtigiano

店舗名 Artigiano
住所

〒112-0001 東京都文京区白山3丁目3−3

電話番号 03-5840-9222
営業時間 お問い合わせください
定休日 お問い合わせください
最寄駅 茗荷谷駅
URL https://artigiano.jp/