椅子に使われるクッション材の種類

椅子に使われるクッション材の種類

椅子のクッション材は、理想的な座り心地を作るための重要な素材です。弾力性や柔らかさを与えて、椅子の形を整える効果も発揮します。椅子リフォームの際も、座り心地を良くするためにクッション材を取り替えることが多いです。椅子のクッション材に使用されている素材をご紹介いたします。

主なクッション材の種類

主なクッション材の種類

ウレタンフォーム

ウレタンフォームは、ほとんどのソファや椅子に使われているスタンダードなクッション材です。ポリウレタン樹脂を発泡させたスポンジのような素材であり、別名ポリウレタンフォームとも呼ばれています。軽量で弾力性に富んでおり、加工しやすく扱いやすいのがウレタンフォームの特徴です。

ウレタンは密度を比重で表現し、比重の高いものほどへたりづらいのですが、その分値段も高くなります。座り心地を良くするために、硬さや密度の違うウレタンを重ねてクッション性を調整することもあります。

綿

木綿や合繊綿(ポリエステル綿)などの種類があります。ウレタンフォームの上に敷いて使うことが多く、その柔らかさから、上張り材を張る前に椅子の形をふっくらした感じに整える際に役立ちます。現在多く使われているのが、合繊綿(ポリエステル綿)です。

羽毛

クッションに柔らかさを与えるために、椅子の体に当たる部分に使う素材です。主に高級な家具に使用されています。柔らかな触り心地で、回復率が高いという特徴があります。ウレタンフォームの椅子やソファは繰り返し座ることでへたってしまいますが、羽毛はへたりにくいです。

パームロック

ヤシの実から取った繊維をパームといいます。そのパームを接着剤や合成ゴムで固めたのがパームロックです。軽量で通気性が良く、適度な固さが特徴です。ソファや椅子のほか、ベッドのマットレスにも使用されています。

椅子のへたりが気になってきたら椅子リフォームをご依頼ください

長年使っている椅子のクッションがへたってきたと感じた場合は、東京で椅子リフォームを行うArtigianoへお任せください。Artigianoでは、東京都内を中心にクッション材の取り替えや生地張替えといった椅子・ソファの修理を受け付けております。

椅子やソファは、多少の傷や劣化であれば買い替えよりも修理したほうが安く済むことが多いです。これからも長く使い続けたい椅子やソファをお持ちの方は、ぜひArtigianoへ椅子リフォームをご依頼ください。

椅子の豆知識

革素材の豆知識

生地の豆知識

東京で椅子リフォームの依頼をするならArtigiano

店舗名 Artigiano
住所

〒112-0001 東京都文京区白山3丁目3−3

電話番号 03-5840-9222
営業時間 お問い合わせください
定休日 お問い合わせください
最寄駅 茗荷谷駅
URL https://artigiano.jp/